Atlas.jsブログ

Webブラウザで動作する、教育用JavaScriptゲームエンジン、Atlas.jsに関する知識共有ブログです。

forkをしてみよう


 こんにちは。moltomheadです。
 今までのブログでAtlas.jsの機能をひと通り紹介していきました。なのでこのブログを見ればAtlas.jsを使ってゲームを作ることができます。ただ、やっぱり一から作るのは少し難しいと思う人もいるかもしれません。そこで、まずは他の人が作ったものをもらって、それを改良しながら、ゲームを作る練習するという方法があります。他の人からプログラムのコピーして編集できることをforkといいますが、Atlas-editorにはこのforkできる機能があるので、それを使ってみましょう。

 まずはAtlas-editorを開いて自分のアカウントでログインしてみてください。ログインしたらページの上部にランキングボタンがあります。それをクリックしましょう。



すると、今までAtlas-editorを使って作られたゲームの一覧がランキングで表示されていますので、その中から好きなものを選択します。



後は自分のコードを保存するときのように保存のボタンを押してください。これで自分のアカウントに選択したゲームのプログラムがコピーされました。後はこれを自分なりに編集していくだけです。

 ではこちらでもforkして他の人のゲームを少し変更してみましょう。
前回のブログfindChildを使ってみようで紹介していたAcchord_alt04さんのゲームをforkして変更してみます。このゲームではボールが壁に当たると、ボールが消えるようになっていますが、ボールを消す代わりに、壁が倒れるようにしてみます。
ボールが消える処理をしているのは30行目あたりの

if (sprite && this.hitTest(sprite)) {
      sprite.remove();
}

の部分です。これを次のように変更します。

if (sprite && this.hitTest(sprite)) {
      this.rotateBy(Math.PI/2,40);
}

sprite.remove()を壁を回転させるthis.rotateBy()に変更しただけです。ちなみにif文にある条件sprit && this.hitTest(sprit)はspriteが存在し、かつspriteが壁と当たってるかという意味です。

実行結果は次のようになります。
forkしたゲーム

 処理を少し変えるだけでも見た目的にはすごく変わったと感じませんか?こうやってforkをしていきながら少しづつ練習をしていくことがプログラミング上達の道だと思います。みなさんも是非活用してみてください。


blog comments powered by Disqus

エントリーリスト

カテゴリーリスト

Facebook

Twitter

おすすめの本