Atlas.jsブログ

Webブラウザで動作する、教育用JavaScriptゲームエンジン、Atlas.jsに関する知識共有ブログです。

村人を作ろう

こんにちは。steelydylanです。Atlas.jsであまりよく知られていない機能として、animation機能があります。この機能を使えば、Spriteにanimationをつけることが出来ます。
例えば、街に行った時にちょろちょろと動き回る、村人を作ることが出来ます。



例えば、次のようなコードで動きます。

sprite.setPosition(100,100).animate([0,1,2],5).and().moveBy(0,100,30)
.animate([9,10,11],5).and().moveBy(0,-100,30).loop();

意味としましては、
座標(100,100)の位置にSpriteをセット
Spriteのフレームを(0,1,2,0,1,2...)と5フレームで切り替えていきながら、現在地から、(0,100)進んだ位置に、30フレームで移動。
その後、フレームを(9,10,11,9,10,11)と切り替えていきながら、現在地から(0,-100)進んだ位置に、30フレームで移動。
これを繰り返す。という意味になります。
フレームとは左の図のように、Spriteを切り取って分割した場合に、どの領域を描画するかという情報のことです。例えば、一番左上を切り取りたければ、Frame番号は0です。
簡単ですね。
これで今日からあなたも村人が作れます。
あなただけの村人を作ってみてください。では!!

上のコードの実行結果

http://atlas-editor.ap01.aws.af.cm/user/steelydylan/534b884bab3404e719000002


blog comments powered by Disqus

エントリーリスト

カテゴリーリスト

Facebook

Twitter

おすすめの本